普段何気なく使っている育毛剤をより効果的に使用できるように注意点をまとめてみました。

 

安いとは言えない金額を払って継続的に購入しているものなので、せっかく育毛剤を使うならば、なるべく育毛剤の力を引き出して使いたいですよね。

 

1:育毛剤はたっぷりつけたほうが良いというわけではない。
勘違いされてる方も少なくはないかと思います。
もちろん、たっぷりつけたほうがなんとなく効いてる気がするのは分かります。
しかし、たくさん育毛剤を使用したからといって薄毛の進行を食い止めたり、早く髪が伸びたりということが起こるわけではありません。
適量の育毛剤を付けた場合と結果に差はほとんどないのです。
育毛剤をたっぷりつけてしまうと、その分消費も早くなってしまうので経済的にオススメできません。
育毛剤を使用する際は付属の箱や説明書に書いてある通り、適切な量を使うことを推奨します。

 

2:頭皮に湿疹や腫れなどが発症した場合はすぐにその育毛剤の使用を中止する
現在、育毛剤は非常にたくさんの種類のものが市販されています。
その中で、もし自分に合わない育毛剤だった場合、アレルギーなどにより、痛みや炎症を起こしてしまうことがあります。
「頭皮にいい成分しか入ってないから大丈夫」と思っていても、炎症が起きた状態でそのまま放置しておくと円形脱毛症など、逆に薄毛のリスクが高まってしまうことがあるので注意しましょう。

 

育毛剤は薄毛に悩んでる方にとっては非常に有効なものです。
付属の説明書などをしっかり読んで、損をしない育毛ライフを目指しましょう。

 

ミノキシジルの副作用についてはこちら